• スライドイメージ1
  • スライドイメージ2
  • スライドイメージ3
  • スライドイメージ4
leftBtn
rightBtn

販売商品

商品写真

はつらつ核酸【発酵調味液】
32ml×6本入り

はつらつ核酸は、自社工場にてすべて手作りで、無農薬の国産大豆を培地として、乳酸菌、酵母菌、麹菌などの有効微生物で、共棲培養した代謝物を醸成させて、さらに長期間熟成させたものです。

商品写真

ゆたかB液【発酵調味液】

550ml入り ・100ml入り

ゆたかB液は、はつらつ核酸(製造工程名A液)の製造過程で出来る液体で、主にお風呂での入浴剤として身体を芯から温めたり、また、植物等の園芸用としてお使いいただくと、植物の成長を助け、土壌改良にも繋がります。

今月のつぶやき

2017.9.1


 いつも、はつらつ核酸ご用命誠にありがとうございます。
 さて季節も夏から秋へと、冷たい風に変わりつつあります。
気流の流れは暖かい空気は冷たい空気の方にと流れ易くなります。
体の体温も同じで肌をさらした部分からどんどん保温された体温が流れてきます。
体が冷えると秋から冬にかけては、陰性の臓器である肺と腎臓が弱ります。
肺であれば鼻や気管支に症状が出て、
腎臓であれば耳鳴りや体のだるさの症状が出やすくなり、
精神的には、肺は落ち込み易く、腎臓だと驚き易くなり、
肉体と精神は比例していて性格的にも変化が出やすくなり、
味覚では、極度の辛味を求める時は肺が弱っている時となり、
運動以外でしょっぱい物を極度に求める時は、腎臓と内臓のサインがそのまま味覚にも表れます。
普段より味覚の極端な偏りがあるときは、是非とも、「あ、今内臓のサインが出ているな」と思って、
気をつけるように心掛けて下さい。 寒くなると、自然と体温は下がり易くなります。
体温が下がれば免疫も下がり、風邪や他の病に近づきます。 核酸は必ず温かいお湯でお飲み下さい。
                                 代表取締役 古川 琢也


『まさとだより』体験談を募集!はつらつ核酸1本プレゼント!

 古川聖人会長執筆によるお客様の体験談をご紹介している『まさとだより』。
皆様の体験談をぜひともご紹介ください!
電話によりインタビュー形式でも可能ですし、紙面にての文章も大歓迎です。
採用させていただいた方には、もれなく「はつらつ核酸」1本を贈呈させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします!
健康の輪キャンペーン


大聖発酵からのお知らせ

2017.7.6
【お盆休みの営業について】
8月11日~16日までお休みさせていただきます。17日より営業いたします。
2017.4.7
【ゴールデンウィークの営業について】
暦どおり営業いたします。
2016.11.21
【年末年始の営業について】
12月28日~1月4日までお休みさせていただきます。5日より営業いたします。
2016.9.16
【ホームページについて】
ホームページを、社内にて手作りでリニューアルオープンいたしました。

閲覧者 人目