トップページ > 社長のひとこと履歴2022年

社長のひとこと集(2022年)

  • 2022.4/1

    いつもはつらつ核酸のご用命誠にありがとうございます。
    さて、4月に入り札幌もようやくあの記録的な大雪から抜け出し、春の陽射しが気持ちいい季節となってきました。
    今回のテーマは、五臓の中から春の季節である。「肝(かん)」です。
    中医学において、「肝」は西洋医学で考える肝臓の働きだけでなく、身体全体の活動と関わるさまざまな役割を担っていると考えます。
    肝の機能が低下すると身体全体に影響が現れ、イライラや憂鬱といった精神の不安定、血圧の上昇、頭痛、胃腸の不調、月経障害、めまい、手足のしびれ、視力の低下などさまざまな不調につながります。
    肝は、『のびのびとした状態』を好む臓器です。
    過度なストレスを受けると機能が低下してしまうため、季節や環境の変化でストレスが溜まりがちな時期は、特に積極的な養生を心がけましょう。
    肝の機能の中でも重要なのは、「疏泄(そせつ)」と「蔵血(ぞうけつ)」です。 今回は「疏泄」について取り上げます。
    「疏泄(そせつ)」とは…新陳代謝を促すという事です。
    「疏泄」の意味は“通じさせて発散・排泄する”という、新陳代謝のような役割のことになります。
    冬は寒さもあり家にこもりがち、冬に溜め込んだ老廃物(毒素)を春という芽吹きの季節に表に出そうとします。
    そこで、『肝』が全身を巡る「気・血・津液」の流れをスムーズにし、消化や排泄を促進させる機能で、精神の安定や胃腸の働き(消化吸収・排泄)などをサポートしています。
    「気・血・津液」がスムーズに流れていれば、エネルギーや栄養分が身体のすみずみに行き渡り、身体全体が健やかな状態に。余分な汚れやストレスが溜まることもなく、心も身体も健康な状態が保たれます。
    反対に気の流れが滞ると、ストレスがうまく発散できず情緒が不安定になったり、胃腸の機能が低下して食欲不振や下痢、便秘といった不調が現れたりします。 食べる事以上に出す(排泄)がとても大切だという事です。
    肝を元気にする基本は、心も身体もリラックスをした状態を保つこと。
    ストレスは気を停滞させる大きな原因となるので、ストレス社会の今、上手にコントロールしながら気・血・津液の流れをスムーズにするよう心崖ましょう。

    春・肝 出易い症状
    ・情緒の不安定:憂鬱、イライラ、胸苦しい、怒りっぽい、興奮、頭痛、目痛、血圧の上昇
    ・胃腸の不調:食欲不振、お腹や胃の張り・痛み、ムカつき、げっぷ、しゃっくり、下痢や便秘
    ・血行不良による不調:脇痛、胸痛、胃痛、生理痛、生理不順
    ・水分の停滞による不調:痰、下痢、むくみ

    ●摂り入れたい食材
    【肝の機能を高める】
     そば、みかんの皮、香草類、ねむの花、梅の花、ハマナスの花、ジャスミン茶、グリーンピース、カツオ、カレイ、イシモチ、わかめ など
    【辛味のあるもので溜まったうつを発散】
     ミント、菊花、新たまねぎ、みょうが、うこん、三つ葉、大葉、春菊 など
    【苦みのあるもので肝を静める】
     竹の子、クレソン、うど、たらの芽、ふき、ごぼう、わらび など

    是非ご参考になさってみて下さい。 核酸は必ず温かいお湯でお召し上がり下さいませ。

  • 2022.3/1

    いつもはつらつ核酸のご用命誠にありがとうございます。
    さて、冬から春にかけての季節の変わり目の時季となりますが、そこで「土用」のお話です。
    中国の「陰陽五行説」では、万物を「陰」と「陽」に分けた「陰陽論」と、自然界は「木・火・土・金・水(もく・か・ど・ごん・すい)」の5元素から成り立つとする「五行説」。
    この2つを結び付けて、宇宙・自然・人事などのあらゆる事象を解釈する理論です。
    陰陽五行説では5元素の要素に四季を当てはめ、「木=春」「火=夏」「金=秋」「水=冬」とし、「土」を各季節への移行期間(季節の変わり目の時期)としました。
    土用は「土旺用事(どおうようじ)」の略で、土の気が旺(さかんに)なることを意味します。土は命が最後に還るところであり、新しい命も土が育むという性質から、古い季節と新しい季節の変わり目に「土用」をおいたといわれています。
    1年に4回ある土用は、立春・立夏・立秋・立冬の前にそれぞれ約18日間続きます。この時期は次の季節に移る変動期にあたる為、体や心が不安定になりがちです。
    昔から土用は「凶」の期間とされ、人々は禁忌を避けて慎重に過ごしてきたのです。
    土用が始まる日を「土用入り」、最終日を「土用明け」といいます。

    土用明けの次の日から、新しい季節が始まります。
    2022年の土用は
    冬土用 2022年1月17日(月)~2月3日(木)
    春土用 2022年4月17日(日)~5月4日(水)
    夏土用 2022年7月20日(水)~8月6日(土)
    秋土用 2022年10月20日(木)~11月6日(日)
    となります。

    土用は免疫力をあげて特に胃腸を労る事が大切です。
    五行の理論では、人体も同じように5つの要素から成り立っていると考えられ、それぞれ「木=肝臓」「火=心臓」「土=脾臓(膵臓)」「金=肺臓」「水=腎臓」に表されます。
    土用の時期は、五行では「脾」にあたります。
    「脾」は免疫系を司ると考えられており、季節の変化で陰陽のバランスが乱れる土用の時期は、免疫力が低下しやすい時といわれています。
    気力がない、やる気が出ない、疲れ易いといった状態は、「脾」のはたらきが衰えている=免疫力が低下と判断します。
    特に冬土用のこの時期は、風邪などの感染症を引き起こしやすくなる傾向があります。
    そこで、免疫力を上げるには、腎臓にも関連する冷えを防ぐ食べ物で血液循環を良くして、根菜や豆類、黒ゴマや海草などの黒色食品がおすすめです。また、米・蕎麦などの穀類やめん類、米味噌、干した果物など、黄色味のある甘みを含んだ食べ物は、陰陽の乱れを調整し中庸に導いてくれるエネルギーがあります。
    免疫系と消化器系のはたらきは関連があり、土用の時期はお腹の調子を崩しがちになります。 小食にして、胃腸を労ってあげることも大切です。
    冬土用も2月3日で土用明けとなりましたが、まだまだ東北、北海道はまだまだ雪深い時です。
    暦では春の始まり立春も過ぎましたが、気を抜かずに、体を労って日々を過ごしましょう!
    核酸は必ず温かいお湯でお召し上がり下さいませ。

  • 2022.2/1

    いつもはつらつ核酸のご用命誠にありがとうございます。
    さて、睡眠負債と言う言葉を聞かれたことはありますか?
    睡眠負債とは睡眠不足が借金の様に積み重なって、あらゆる体の不調を引き起こしてくる状態の事を言います。
     睡眠負債が怖いのは極端な睡眠不足の方だけがなるのでは無く、毎日6時間ぐらいは寝ており睡眠不足とは無関係と思っている人が、自分では気が付かないうちに睡眠負債が溜まり、仕事や家事等のパフォーマンスが少しずつ落ちたり、病気のリスクが高まったりしていることです。
     睡眠時間が6時間以下の人は7~8時間の人と比べ死亡率が2.4倍も高くなり、また他の研究では交通事故の死亡率が13%も高まるとの結果も出ています。
    他にも免疫力が低下することによって、風邪を引きやすくなったり、癌細胞が増殖しやすくなったり、生活習慣病(高血圧、高脂血症)のリスクが高まったり、精神面でもうつ病や認知症になり易いといわれています。
    睡眠負債があるかどうかの見極めは、たとえば休みの日にしっかりと遮光した部屋で、携帯も時計も気にしない理想的な睡眠環境で寝た場合に、通常よりも2時間以上睡眠が長くなった時は、睡眠負債があると思った方が良いようです。
    睡眠負債のリスクがあるときにはどうすれば良いかですが、休日に寝だめをして直そうとする人が多いと思いますが、その場合は逆に生活のリズムが乱れ、休日の夜が眠れず、平日の睡眠リズムを崩し、睡眠不足のまま朝を迎えたりする事が多くなるとの報告も。
    お勧めするのは平日の睡眠時間を少しずつ増やし、休日も同じ時間を守ることです。
    20代から50代の働き盛りの世代であれば、睡眠時間は7~8時間必要と言われています。
    今の睡眠時間がもし、6時間以下であれば少しでも伸ばせるよう、日々の暮らしのスケジュールを見直されたらいかがでしょうか。
    核酸は必ず温かいお湯でお召し上がり下さいませ。

  • 2022.1/5

    明けましておめでとうございます。
    本年もどうぞよろしくお願いいたします。
    さて、インフルエンザと通常の風邪(コロナウイルス)の症状は、比較的似ていて風邪と思って過ごしてしまう人も少なくないと思います。
    のど・鼻などの症状が出てくる前に、急な発熱(38度以上の高熱)や倦怠感、筋肉痛、関節痛等の全身症状が出た場合は、インフルエンザに感染した確率が高いと思っていいでしょう。
    症状は通常5日間程続く場合もありますがその後は、免疫さえ落とさなければ殆ど終息に収まると言っていいでしょう。
    しかし発症する人とそうでない人がいます。それは、何故でしょう?
    一番に重要なのは、免疫力=体温です。
    平熱が35度台の方などは比例して免疫力が低い方が多いと言っても過言ではないでしょう。
    日々温かい物、飲み物を取るように心掛けて生野菜や果物など体を冷やす食べ物を避ける事が大切になってきます。
    体温が高くなれば、比例して免疫も高くなります。
    例年なら、いつも通りにインフルエンザのニュースが、世間を賑わす事となりそうですが、三年前からインフルエンザが新型コロナに置き換わってしまいました。 何とも不思議な話です。
    情報の煽りに、流行に流されることなく快適な冬を過ごされることをお祈りしております。
    核酸は必ず温かいお湯でお召し上がり下さいませ。

  • ■2016年のごあいさつ ・ ■2017年のごあいさつ ・ ■2018年のごあいさつ ・ ■2019年のごあいさつ ・ ■2020年のごあいさつ
    ■2021年のごあいさつ