トップページ > 社長のひとこと履歴2024年

社長のひとこと集(2024年)

  • 2024.1/5

    明けましておめでとうございます。
    今年も変わらぬご愛顧の程よろしくお願い致します。
    さて、新年最初の話は、四季の流れと体調のお話です。
    春は温暖で、夏は炎暑、秋は空気が乾燥し、冬は寒冷。
    これが一年の四季の気候変化です。
    自然界の全ての生物は、この気候変化の影響を受けています。
    人間は万物の霊長ですが、植物と似たような変化をします。
    人の適応能力はとても強いですが、一年の気候の変化によって、人の内にも大きな変化が起きます。
    例えば、炎暑の夏には人間の毛穴は大きく開き、汗もよく出て、体内の熱(陽)気を発散することができ、排尿は少なくなります。
    寒い冬は毛穴が閉まり、汗の出が少なく、逆に排尿は多くなります。
    これにより、体内の熱(陽)気を保持するだけでなく、体内の水液のバランスを保ってくれているのです。
    気血の流れ、脈拍も、気候の変化によって変わります。
    春・夏には体の陽気は外に向かって発散し、脈拍は強くなり。
    秋・冬には陽気は内に収められますから、脈拍は静かになります。
    人間は、自然の一部であり、どんなに文明が発展しようとも自然と共に生きていく事は今後も変わらないでしょう。
    四季の変化と共に人間の体の中にも変化が起きる。
    その事を体で感じ、変化を捉えていく事がとても大切な事だと思うのです。
    時節柄寒い日が続きます。十分ご自愛くださいませ。

  • ■2016年のごあいさつ ・ ■2017年のごあいさつ ・ ■2018年のごあいさつ ・ ■2019年のごあいさつ ・ ■2020年のごあいさつ
    ■2021年のごあいさつ ・ ■2022年のごあいさつ ・ ■2023年のごあいさつ